世界的な影響力を持つインフルエンサーのフォロワー数は何人くらいなのか?

調査研究

1.世界的な影響力を持つインフルエンサーのフォロワー数は何人くらいなのか?まとめ

・SNS上で流布されている反ワクチン情報の起源は12人のインフルエンサーと言う調査がある
・12人のインフルエンサー起源説の元レポートは複数回発行されているので留意が必要
・反ワクチン情報は収益事業として成立しておりSNSプラットフォームで集客をしている

2.反ワクチン情報の起源となった12人のインフルエンサーとは?

アイキャッチ画像のクレジットはPhoto by George Pagan III on Unsplash

SNS上で流布されている反ワクチン情報をたどっていくと12人のインフルエンサーに行きつくと言うニュースが今週末(2021年7月16日)くらいに日本のTwitterのトレンドや一部で報道されていました。

そして例によって、ちょっと本題から外れた部分に興味を持ったのです。

「世界に影響を与えたと見なされるレベルで著名なインフルエンサーはいったいどのくらいのフォロワーを持つ人達なんだろうか?」

ですが、まず反ワクチン運動に関する情報に興味を持って検索して本ページにたどり着いた方向けの情報をまとめておきます。

12人のインフルエンサー起源説の元となったレポート「The Disinformation Dozen」が発表されたのは2021年3月で、その後もプラットフォーム側が積極的な改善姿勢を見せていないとして定期的に続報が発表されており、それらの続報が色々な世界のメディアで定期的に話題になっており、7月にTwitterなど日本で改めて話題になったと言う事のようで、ニュースによって参照しているレポートが微妙に違う事に注意が必要です。

本レポートをまとめたCCDH(Center for Countering Digital Hate)はロンドンとワシントンに拠点を置く非営利有限会社(nonprofit limited company)です。CCDHが発表した12人のインフルエンサー起源説に関するレポートとして言及されるレポートは確認できる限り以下です。(CCDHはレポート内に発表日をはっきりと明示してなかったり、レポート一覧ページがないのでもしかしたら漏れがあるかもしれません)

2021年3月
「The Disinformation Dozen(人を欺く12人)」
Why platforms must act on twelve leading online anti-vaxxers(何故、SNS事業者は反ワクチン派のリーダー達に対して行動を起こさねばならないのか?)
12人のインフルエンサー起源の最初のレポートです。

2021年4月
「Disinformation Dozen: The Sequel(人を欺く12人:続報)」
SNS事業者のアカウント凍結などの処置が不十分だとした続報レポートです。

2021年6月
「Pandemic Profiteers(パンデミックから収益を得る者たち)」
The business of anti-vaxx(反ワクチンビジネスの実体)
今回話題になった反ワクチン論者が得ている収益に注目したレポートです。ホワイトハウスも注目していると報道されています。

以下は最新と思われる「Pandemic Profiteers」から抜粋したレポートの要旨です。

(1)オンラインで展開されるワクチン忌避運動を分析した結果、かなりの収益を上げている企業や組織を運営している12人の反ワクチン運動指導者が特定されました。

(2)これらの12人はFacebook上で共有されているワクチン忌避コンテンツの最大70%に責任があります。これら12人のうち3人(Joseph Mercola、Del Bigtree、Robert F. Kennedy Jr.)は非常に影響力があり、これらのコンテンツのほぼ半分を占めています。

(3)アンチワクチンインフルエンサー(Anti-vaxxers)は、少なくとも年間43.2億円(3,600万ドル)の収益を生み出す反ワクチン業界を代表しています。この金額は業界で最大の収益をあげている12社に属する22の組織について、自己申告による提出書類と公に入手可能な財務情報の収益見積もりという限られた情報に基づいて試算されたものです。このアンチワクチン業界は少なくとも266人を雇用しています。

(4)反ワクチンインフルエンサーは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた企業を支援するために設計された給与保護プログラム(PPP:Paycheck Protection Program)を通じて、1.8億円(150万ドル)を超える連邦ローン(federal loans)を受け取っています。最大の受益者は、反ワクチン起業家のJoseph Mercolaであり、その事業は合計7,404万円(617,000ドル)を受け取っています。

(5)一部の主要な反ワクチンインフルエンサーは、反ワクチン非営利団体内での主導的役割に対して6桁USドルの給与を稼いでいます。例えば、Robert F. Kennedy Jr.はチルドレンズ・ヘルス・ディフェンス(Children’s Health Defense)の会長職の報酬として年間3,060万円(255,000ドル)を稼いでいます。

(6)反ワクチン業界をソーシャルメディア上でフォローする合計6,200万人のフォロワーは、ソーシャルメディアの運営企業にとって最大1,320億円(11億ドル)の価値を持つ可能性があります。この金額はソーシャルメディア運営企業が公開している数値に基づいて試算しています。インプレッション毎、またはインプレッション情報が利用できない場合はユーザー毎の収益額をベースとした試算です。

(7)一流の反ワクチンインフルエンサーは、お互いの偽情報を売り込み、売り上げを伸ばすために協力しあっています。Robert F. Kennedy Jr.を含む主要な反ワクチンインフルエンサーは、反ワクチン起業家のTy and Charlene Bollingerによって確立された人気のあるアフィリエイトマーケティングスキームに参加しています。このアフィリエイトプログラムは、健康に関する偽情報を拡散してくれたパートナーに16.8億円(1,400万ドル)を支払ったと主張しています。

(8)Robert F. Kennedy Jr.、Del Bigtree、Larry Cookが率いる反ワクチン組織は、顧客へのリーチと収益をソーシャルメディアプラットフォームに依存していることを法的書類で個人的に認めています。プラットフォームからの締め出しにより、ワクチン忌避メッセージを広める能力が低下したと述べています。

(9)同じ法的書類で、ソーシャルメディアプラットフォームはプラットフォームから締め出しする事が「言論の自由を守る(free speech protections)」事に違反すると思っていないことを明らかにしています。FacebookとYouTubeは、「政府機関に代わって行動しているわけではなく、私的な当事者である(private parties, not state actors)」と述べています。そして、和解条件では「ソーシャルメディアプラットフォームのコンテンツモデレーションの決定は、憲法修正第1条の制約を受ける対象ではありません。」となっています。

(訳注:アメリカ合衆国憲法修正第1条は、表現の自由、報道の自由、平和的に集会する権利、 請願権を妨げる法律などを制定することを禁止しています。そのため、ソーシャルメディアプラットフォームがアカウント凍結などをすると、表現の自由を妨げたとして訴えられる事などがあるのですが、ソーシャルメディア側としては「ウチは別に合衆国憲法の擁護者の立場ではないです。他のプラットフォームでご自由にやってください」と主張すると言う事を言っています)

(10)ソーシャルメディアプラットフォームには、未申告の製品を有料で広告して利益を得る反ウイルス論者を阻止するための措置を講じることをお勧めします。これらの未申告製品は米国と英国のプラットフォーム標準と広告規制の両方に違反するものです。

(11)危険な誤った情報の流布に関するプラットフォームの掲載基準に繰り返し違反する営利目的の反ワクチンインフルエンサーは、プラットフォームから締め出す必要があります。プラットフォームから締め出されると、反ワクチンインフルエンサーがアクセスできる聴衆とその収益が削減されることを証拠は示しています。

(12)ソーシャルメディアプラットフォームは、ワクチンの偽情報から利益を得るのをやめるという約束を守らなければなりません。彼らが彼らのプラットフォームでワクチンに関する偽情報の流布を許可する限り、彼らは反ワクチンインフルエンサーと彼らの信者から広告収入を獲得し続けます。

いやぁ~、反ワクチンってもう一大産業になってるんですね~。

問題なのは反ワクチン情報の方が
・意外性があるのでSNS上でも広めやすい
・アフィリエイトプログラムもあるので収益に繋げやすい

に対して、

ワクチンに関する正確な情報は
・ある意味当たり前なので広まらない
・アフィリエイトプログラムもないので収益に繋がらない

つまりは、儲からないので広めようとするモチベーションも働かないって事ですね。この記事も一銭も収益を生んでませんし、むしろ、訴訟を受ける恐れさえありますからね。

以上で、反ワクチンインフルエンサーの活動実体に関する情報は終了です。反ワクチンにご関心をお持ちなのか反反ワクチンにご関心をお持ちなのかわかりませんが、いずれにしてもご訪問ありがとうございました。お気をつけてお帰りください。

・・・

さて、レポートの本題から離れますが本記事の本題「世界的な影響力を持つとされる有名インフルエンサーのフォロワー数は何人くらいなのか?」です。

12人のインフルエンサーは元レポート内で名前が全て特定されているのですが、実は第一弾の「Disinformation Dozen」と第三弾の「Pandemic Profiteers」で少しメンバーが入れ替わってます。

え~、ちょっと待ってよ、私が一番「The インフルエンサー」って感じがして感心したカバー画像を使っていて面白かったErinさんが落選しておる!

そう、当初こんなにしっかりとまとめる気はなかったのですが、まとめていて凄く面白くなってきちゃったのが、CCDHが第一弾の「The Disinformation Dozen」で採用した写真(おそらくビデオ直撮り)と第三弾の「Pandemic Profiteers」で採用した写真(おそらくインフルエンサー自身が使用している宣材写真)のギャップだったんですよ。

頭悪くて申し訳ないのですが、CCDHに写真選択センスがないのか、インフルエンサーが盛りすぎなのか、とにかくそのギャップがおかしくて笑ってしまって、一銭の得にもならないけれども純粋に面白いと言う事が今回の記事のモチベーションに繋がっております。

ある意味、ビジネスに徹している反ワクチン有名インフルエンサーの皆さんの方が絶対に私より頭イイよな、とは思いますが、それでは以下が世界的影響力をお持ちとPandemic Profiteersで紹介された反ワクチンインフルエンサーの皆さんのフォロワー数です。(コメント、表もPandemic Profiteersから引用)

1.Joseph Mercola

代替医療を促進する世界で最も人気のあるニュースサイトMercola.comを運営。サプリメント、書籍、食品の販売を促進するために健康に関する誤った情報を流布


Pandemic Profiteers

The Disinformation Dozen

総フォロワー数4,155,110収益8.7億円($7,218,562)
Facebook2,797,577PPP Loans7,400万円($617,500)
Instagram354,033従業員159名
YouTube411,622給与不明
Twitter591,878

2.Andrew Wakefield

アンチワクチン運動の創設者で現在、映画を制作中


Pandemic Profiteers

総フォロワー数88,351(-434)収益5,800万円($484,226)
Facebook45,383(-434)PPP Loans不明
Instagram32,768従業員3名
YouTube0給与不明
Twitter10,200

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

3.Robert F. Kennedy Jr.

アフリカ系アメリカ人とワクチンに関する誤った情報を流布


Pandemic Profiteers


The Disinformation Dozen

総フォロワー数1,040,822(-796,731)収益3.5億円($2,941,894)
Facebook474,506PPP Loans1,744万円($145,399)
Instagram214,607(-796,731)従業員8名
YouTube44,000給与3,060万円($255,000)
Twitter307,709

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

4.Del Bigtree

億万長者の技術と製薬投資家によって資金提供されたアンチワクチンプレゼンター


Pandemic Profiteers

総フォロワー数369,215(-734,604)収益4.1億円($3,457,192)
Facebook172,107(-341,318)PPP Loans1,987万円($165,632)
Instagram14,721(-219,286)従業員10名
YouTube1,250(-174,000)給与2,784万円($232,000)
Twitter181,137

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

5.Larry Cook

Facebookを使ってグループを創設し、QAnon陰謀論に着目


Pandemic Profiteers

総フォロワー数69,461(-373,188)収益948万円($79,000)
Facebook17,461(-368,966)PPP Loans不明
Instagram0従業員不明
YouTube52,000給与不明
Twitter0

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

6.Ty and Charlene Bollinger

ワクチンの偽情報を販売する反ワクチンカップル


Pandemic Profiteers

総フォロワー数1,581,529(-193,221)収益3.7億円($3,138,717)
Facebook1,294,501PPP Loans5,684万円($473,727)
Instagram122,028(-76,500)従業員27名
YouTube165,000(-74,200)給与不明
Twitter0(-42,521)

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

7.Sherri Tenpenny

活動家の「軍団」を訓練することで利益を得る反ワクチン起業家


Pandemic Profiteers

The Disinformation Dozen

総フォロワー数262,335(-346,658)収益2.5億円($2,130,000)
Facebook79,963(-234,190)PPP Loans870万円($72,500)
Instagram88,495(-112,468)従業員13名
YouTube0給与N/A
Twitter93,877

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

8.Mike Adams

代替技術を使用するサバイバル器具を売り込もうとする反ワクチン陰謀家


Pandemic Profiteers

総フォロワー数251,838収益4.9億円($4,151,329)
Facebook0PPP Loans2,541万円($21,179)
Instagram0従業員5名
YouTube251,000給与N/A
Twitter838

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

9.Rashid Buttar

証明されていない治療行為を推進する懲戒された整骨療法医


Pandemic Profiteers

The Disinformation Dozen

総フォロワー数82,599(-1,176,999)収益6,970万円($581,584)
Facebook2,643(-398,999)PPP Loans不明
Instagram0(-278,000)従業員6名
YouTube0(-500,000)給与不明
Twitter79,956

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

10.Barbara Loe Fisher

Joseph Mercolaが一部資金提供したワクチン忌避キャンペーンの社長


Pandemic Profiteers

総フォロワー数14,000(-294,507)収益1.5億円($1,265,905)
Facebook0(-218,533)PPP Loans1,632万円($136,070)
Instagram0(-55,500)従業員21名
YouTube14,000給与
Twitter0(-20,474)

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

11.Sayer Ji

ワクチンを「大虐殺」に結びつけて代替医療を推進する起業家


Pandemic Profiteers

The Disinformation Dozen

総フォロワー数78,401(-673,910)収益2,533万円($211,129)
Facebook52,539(-545,028)PPP Loans575万円($47,966)
Instagram493(-105,707)従業員3名
YouTube15,400給与N/A
Twitter9,969(-23,175)

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

12.Kelly Brogan

ワクチンに関する誤情報を助長する「ホリスティック精神科医」


Pandemic Profiteers

The Disinformation Dozen

総フォロワー数174,538(-130,382)収益2,700万円($225,815)
Facebook0(-130,382)PPP Loans671万円($55,929)
Instagram133,927従業員4名
YouTube23,200給与不明
Twitter17,411

赤文字はプラットフォームの凍結処置の影響により失ったフォロワー数

おまけ:Erin Elizabeth


Twitterのトップ画面

Erinさんのトップページに敢えて背中を向けた写真を掲載して自らの影響力を誇示するセンスが凄いと思って感心しました。それに対して、下記のCCDHの「顔面が写ってればエエやろ」くらいの割り切りも凄い。対比が凄い。同一人物とは思えない。


The Disinformation Dozen

まとめ

それにしてもインフルエンサーの皆さんは、多方面のSNSでご活躍されており、何十万人、何百万というフォロワー数をお持ちなのですね。その主張内容はともかく、その自己プロデュース力と影響力はスゴイですね。

私もどちらかというとCCDH寄りのセンスなので、その結果なのか、Webbigdataの公式Twitter(@webbigdata)はフォロワーさんが現在8名しかおりません。Webbigdataの掲載情報は裏付けの取れたしっかりとした情報だとは思っていますが、情報の伝え方、発信力はまるで勝負になってないなとも思います。

他のSNSも全然投稿していない開店休業状態なので、私も発信内容はともかく、発信手法は見習ってもう少しSNSにも力を入れるべきなのかな、と思いました。

3.世界的な影響力を持つインフルエンサーのフォロワー数は何人くらいなのか?関連リンク

1)www.counterhate.com
Center for Countering Digital Hate

2)filesusr.com
The Disinformation Dozen(PDF)
Disinformation Dozen: The Sequel(PDF)
Pandemic Profiteers(PDF)

タイトルとURLをコピーしました