デルタ変異株ではおそらく集団免疫は獲得できない

ビッグデータ

1.デルタ変異株ではおそらく集団免疫は獲得できないまとめ

・感染力が2.5倍高いデルタ株では集団免疫が獲得できるとされていた接種率では不十分になる
・ヨーロッパや米国ではワクチンをブースター接種して強化する事が議論されている
・デルタ変異株は非常に感染力が高いのでワクチン未接種者は最終的に感染する可能性が高い

2.従来の新型コロナウイルスとデルタ変異株の違い

以下、twitterよりカリフォルニア大学サンフランシスコ校教授でお医者さんでもあるロバート・M・ワッチャーさんの投稿の意訳です。元スレッドの投稿は2021年8月4日です。

そろそろお盆休みが始まる方もいると思うので、気の滅入るお話かもしれず恐縮ですが、私の知識は「7割の人がワクチンを打てば集団免疫を獲得できる」とされていた従来の新型コロナウイルス時代のままで、デルタ変異株時代にアップデート出来ていなかったので、米国でも慎重な立場の方の意見かもしれませんが、webbigdataの読者の方にもお伝えしておいた方が良いと思いました。

この見込み通りになるとすれば、日本でも秋にかけて一旦落ち着いて、先行接種した高齢者のワクチンの免疫効果が薄れる年末年始頃に再び状況が悪化する恐れがあります。皆さま、ご自愛ください。

アイキャッチ画像のクレジットはPhoto by Kelly Sikkema on Unsplash

コロナ年代記 504日目

私にとって、パンデミックで最も混乱した時期は2020年5月でした。ロックダウンを終了し、誰もが何をすべきか、何をすべきでないかをまったく知りませんでした。(郵便物は消毒すべきですか?犬に触っても良いですか?)

しかし、今は2020年5月に匹敵する状況です。

現在、最も紛らわしい問題がいくつかごちゃまぜになっています。
デルタ変異株、マスクの必要性、ワクチンの有効性、ワクチン接種を義務付ける法律の是非、ワクチンのブースター(ワクチンを複数回、もしくは複数種打つ事)の是非

肝心なのは、私の考え方が変わったということです。6か月前、ウイルスとワクチンに関しては、すべての重要な変数を理解したように感じていました。そして現在は…

デルタ株が流行し始めた事を知った時、私は特段の変更はないと思いました。

しかし今では、ほぼすべての変数が変わったと想定するのが最善であることがわかりました。ほとんどの変数は、悪い方に変わっています。めまいを引き起こすような事ですが、それは事実と一致します。

デルタ変異株で変わったと私が知った事

従来の新型コロナウイルスデルタ変異株
再生産数は3人再生産数は7-8人
70-80%の人々がワクチンを接種すれば集団免疫を獲得集団免疫獲得には85%以上が必要(これはおそらく達成不可能)
長時間(15分以上)の接触が感染に必要より少ない時間(5分、もしくはもっと少ない)の接触で感染
危険因子は既知であるデルタは平均してより重症化傾向
mRNAワクチンの効果は95%以上デルタではmRNAワクチンの効果は85%程度
mRNAワクチンで99%は重症化が防げるデルタで重症化を防げる率は95%(ハイリスク集団で低下)
ワクチンの免疫効果は長期間続くワクチン、もしくは一度コロナに罹患した後の免疫効果は6か月以内
ワクチン接種済みの人は他人にうつす事はないワクチン接種済みであってもおそらく他人に感染させる

Dr.Ellie Murray(@EpiEllie)による素晴らしいスレッドではデルタ株の脅威の根拠となる数学について説明しています。感染力が2.5倍高いウイルス、すなわちデルタ株では、従来のコロナウイルスであれば拡散を抑制できたはずの免疫レベルでは、もはや十分ではありません。

実例としてサンフランシスコがあります。人口の70%は完全にワクチン接種済みですが、症例は6月の20倍となっています。そして、周辺にウイルスが増えると、ウイルスと接触する事が増えるため、悪循環が始まります。

ワクチン接種率が低い州では事態はさらに悪化します。フロリダ(49%)、テキサス(44%)、ミズーリ(42%)。これらの州では、大半の人々が2020年初頭よりも新型コロナウイルスに対して保護されていません。しかし、ウイルスは人に感染するという仕事において2.5倍優れています。更に、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は現在、デルタ株の症例はより深刻であると感じています。

全ては関連しています。ワクチン接種率が高いサンフランシスコでは、誰もがマスクを着用しています。私たちは困惑していますが、マスクに関する抵抗はほとんどありません。ワクチン接種率が低く、コロナに対する脆弱性が非常に高い州では、多くの指導者や人々がマスクを「信じていません」。そしてしばしばワクチンも。それが数字に出ています。

だから私はワクチンの義務化を求めています。アインシュタインが言ったと言われているように「狂気とは異なる結果を期待して同じ事を何度も何度も繰り返す事(Insanity is doing the same thing over & over & expecting a different result.)」です。私たちは教育、無料のワクチン、思いやりの啓発、未接種が恥しい事であるとのキャンペーン、そして金銭によるインセンティブを試しました。反対意見はありますが、私たちの未来はより多くのワクチン接種に依存しています。

もし、ワクチンの義務化(および今後のファイザーワクチンの正式なFDA(アメリカ食品医薬品局)承認)が流れを変えたとしても、私たちがウイルスを弱めるのに十分なワクチン接種率に達するまでには数か月かかるでしょう。それまでは、屋内ではマスクをする事が大事です。

無防備と言えば、次にくる意見対立はブースターに関してです。新型コロナウイルスは多くの「個人の権利/選択」と「社会コミュニティの要望」を対立させます。現在、以下の4つの集団がワクチンから得た免疫力の低下または不十分な免疫状態に対処するためにブースターが必要になることは疑いの余地がないようです。

(a)免疫不全の人
(b)高齢者(何歳から?)
(c)J&J(ジョンソン・エンド・ジョンソン)のワクチンを打った人(訳注:取り扱いがしやすい反面、他のワクチンより予防効果が低いと言われています)
(d)6か月以上前にワクチンを打った人

私が読んだ証拠によれば、現在、4つの集団全てにブースターを提供することは合理的です。もし、唯一の問題が「個人のリスクと利益」である場合はです。

しかし、Dr.Ellie Murrayが説明しているように、人間社会としてワクチンが限られている場合は、(ブースターを行うのではなく)ワクチン未接種の人々にワクチンを接種することに焦点を当てる必要があります。

しかし、少なくとも米国ではそうではありません。ワクチンが多すぎて廃棄されているケースもあります。(もちろん、物流網が整理できれば次回投与分は本当にアフリカかインドに行くべきです、しかしそれはありそうにないようです)

個人にとってのメリットの可能性を考えると、当然のことながら、ブースターを求めてワクチン接種回数を偽る人々も出現するようになってきています。これはワクチン接種実績を追跡出来なくする悪いことです。これは非倫理的でしょうか?難しい選択です。

解決策:ヨーロッパのいくつかの国が行っているように、ワクチンの余剰が保持されている限り(メリットがリスクを上回るという証拠は説得力があるようです)、これら4つの集団に対するブースターをできるだけ早く承認する事です。

私の見立てでは、FDAもCDCもブースターをためらっています。何故なら、彼らは、ブースターを許可する事で、ワクチンが効かないというメッセージをワクチンに対して拒否感を持っている人々に送ることを恐れています。

それは理解できるのですが、この種の新型コロナウイルスに対する意識変革(他にも、ワクチン接種済みの人が新型コロナウイルスに感染する「打ち抜き感染(breakthrough infections)」を「稀にしか起らない」と言い、ワクチン接種を思いとどまらせないようにする事など)は機能せず、信頼を損なうことになります。

本投稿が精神的に大きく落ち込ませるような記述になっていることを私は知っています。私を信じてください、私はあなたが考えているのと同じくらい新型コロナウイルス前に当たり前だった世界に戻りたかったです。

暗がりの中の明るいニュースの1つは、誰にも明らかでない理由で、デルタ株はピークに達した後に、急減するように見えることです。(以下が英国で起こった事のグラフです)

そしておそらく米国でも同じことが起きるでしょう!

しかし、「ワクチン」または「感染により獲得した免疫力」ではデルタ株の急増と急減を部分的にしか説明できません。免疫力の低下、新たな厄介な変異体、またはいくつかの原因の組み合わせから、数か月以内に別の原因で感染者数の急増が見られる可能性があります。

突破口はあるのでしょうか?

デルタ変異株は非常に感染力が高いため、最終的にワクチン接種者はほぼ普遍的な免疫を獲得する可能性があります。そして、ワクチン未接種者は感染するでしょう。後者の死亡者数は多くなります。2020年とは異なり、ほとんどが予防可能であるため、本当に悲劇的です。

予防接種を受けていない人が何をすべきかは明らかです。できるだけ早く予防接種を受け、完全に予防接種を受けるまで超安全を維持します。(一回だけ接種しても従来型のコロナのようにデルタ変異株から保護されないことを忘れないでください)特に有病率の高い地域では、ウイルスに感染する可能性はかつてないほど高くなっています。

治療法は改善されてはいますが、長期にわたってコロナの症状に苦しむ事(Long Covid)、入院、そして(あなたの危険因子に応じて)死に至る可能性はまだあります。私は怖いです。はい、とても怖いです。

予防接種を受けた人は何をすべきでしょうか?これは難しいです。誰もが自分のリスク許容度を選択する必要があります。これは、あなたの心理状態と治療に対するリスク要因によって異なります。また、地域の有病率にも影響されるはずです。

バーモント州よりも症例率の高い地域にいる場合は、打ち抜き感染の可能性ははるかに高くなります。そして、私が言ったように、私が死ぬか、新型コロナウイルスで入院する可能性は低いですが、それらはゼロではありません。

そして、デルタ変異株の打ち抜き感染は、他の人にうつす可能性があります。ほとんどがワクチン未接種(12歳未満の子供を含む)または十分に保護されていない人々(高齢者、免疫不全の人)にです。

それらは予防接種を受けた人々にも広がる可能性があります。(ただし、ワクチン接種済みの人からワクチン接種済みの人への拡散は本当に「まれ」である可能性があります)。これに関する知識は私の「注意」レベルに追加されています。

63歳の男性として、2020年の12月から1月にかけてファイザー製ワクチンを接種し、ブースター接種はまだ実施しておらず、まだかなり有病率が低いサンフランシスコに住んでいる私は何をしているでしょうか?

飛行機に乗る事を中止してはいませんが、他の選択肢がある場合は飛行機には乗らないようにしています。飛行機に乗る場合は、飛行中ずっとN95マスクを着用しています。屋内空間(店舗、職場)もです。

私はダブルマスキング(布マスク/外科マスク)をしています。店内で食事する事はもうありません。悲しいことに、ワクチン接種済みの仲間とポーカーする事もありません。有病率が収まってきたら、特にブースター接種をした後になら、これらの保護を解除するでしょう。

貴方は自分自身で選択できますが、デルタ変異株を過小評価しないでください。
CDCが言ったように、これは新たな戦争です。

3.デルタ変異株ではおそらく集団免疫は獲得できない関連リンク

1)twitter.com
@Bob_Wachter
@EpiEllie

タイトルとURLをコピーしました