車列に自動運転車が存在すると渋滞が緩和されるかもしれない

  • 2018.06.11
  • AI
車列に自動運転車が存在すると渋滞が緩和されるかもしれない

1.車列に自動運転車が存在すると渋滞が緩和されるかもしれないまとめ

・ミシガン大学の発表によれば自動運転車が渋滞緩和に貢献する可能性
・前方車両の減速を迅速に察知しブレーキをゆるやかに踏むため後続への影響が少ない
・スムーズな運転は結果的に燃費の向上にもつながると言う

2.渋滞が発生する原理

自動運転車は直近の様々なトラブルで少し暗い話題となってしまっているが、実は自動運転車は回りの車に良い影響を与える可能性があると言う研究結果が発表された。

前方車両の減速を人間より早く迅速に察知するため、ブレーキ、つまり減速を人間よりゆるやかに最低限度に留める事ができる。その結果、後続車両への影響を少なくする事ができるとの事。

車の運転そのものを楽しむ人は別だが、単なる交通機関と捉えている人にとっては自律して走行してくれる自動運転車はとてもありがたい機能。もちろん、車好きの人も飲酒時や疲れている時に自動運転してくれたら大変楽だし家族サービスもラクチン。

全ての車が自立走行車でなくても、車両20台のうち1台でも自動運転技術が搭載されていれば、その車がペースメーカーの役割を担なって渋滞を防止できるそうで、本当に実現したらお盆やゴールデンウイーク名物の日本の大渋滞も緩和されるのかもしれない。

最終的にはやっぱり自家用車と言う概念がなくなっていき、スマホに行きたい場所を伝えれば、最寄りの空車で且つ最短最速最適のコースで目的地に到着可能な自動車が自動的に寄ってきて乗せてってくれる、そんな世界が来るのだろうか。私自身は車の運転が下手なゴールド免許保持者なので自動運転には早く世に出てきて欲しい気持ちもあります。

3.車列に自動運転車が存在すると渋滞が緩和されるかもしれない関連リンク

1)wired.jp
渋滞に1台の自律走行車がいるだけで、クルマの流れがスムーズになる:研究結果