気候変動

1/2ページ

Google Research:2019年の振り返りと2020年以降に向けて(1/9)

AI

1.Google Research:2019年の振り返りと2020年以降に向けて(1/9)まとめ ・Google Researchを率いるJeff Deanによる恒例の年初投稿。去年の振り返りと今後の方向性 ・AIの倫理的利用についてはモデルカード、Activation Atlases、Fairness Indicators、FaceForensicsなど ・AI for Social Goodは […]

機械学習のトップマインドによる2020年のAI予測(2/3)

AI

1.機械学習のトップマインドによる2020年のAI予測(2/3)まとめ ・Jeff Deanはマルチモーダル学習とマルチタスク学習の進歩を期待 ・Anandkumarは反復アルゴリズム、自己教師学習の進化を予測 ・顔認識AIなど個人のプライバシーに関する倫理的問題が表面化する可能性もある 2.大規模モデルと自己教師学習の追求 以下、venturebeat.comより「Top minds in ma […]

気候変動に対してAIは何が出来るのか?(5/4)

AI

1.気候変動に対してAIは何が出来るのか?(5/4)まとめ ・貴方のスキルがどのように役立つかを特定する事 ・共同作業者を見つけ意見を聞き、作業が望ましい影響を与えるように考案 ・インパクトを実現できる場所に作業を展開 2.気候変動に対してMLの力を使いたい人のために 以下、arxiv.orgより、Tackling Climate Change with Machine Learningのまとめ部 […]

気候変動に対してAIは何が出来るのか?(4/4)

AI

1.気候変動に対してAIは何が出来るのか?(4/4)まとめ ・機械学習にできる作業の多くは測定や警報に関連している作業 ・機械学習は可能性を示したり物事を安価にする事で意思決定を支援可能 ・しかし集団として気候変動に立ち向かう最終的な意思決定を下すのは人間 2.AIが気候変動に対して出来る事 以下、www.eye-on.aiより「Episode 20 – John Platt」の書き起 […]

気候変動に対してAIは何が出来るのか?(3/4)

AI

1.気候変動に対してAIは何が出来るのか?(3/4)まとめ ・気候変動が非常に難しい問題である理由は、温室効果ガスの供給源が非常に多岐にわたるため ・安価な新しいゼロカーボンなテクノロジーが出現すれば経済的モチベーションで人々が動く ・摂氏4度とは、氷河期の気候と現在の気候の差に相当し非常に大きな気候変動である 2.二酸化炭素を貯蔵するアイディア 以下、www.eye-on.aiより「Episod […]