半教師

1/3ページ

第7回きめ細かい視覚分類ワークショップの開催(2/2)

AI

1.第7回きめ細かい視覚分類ワークショップの開催(2/2)まとめ ・FGVC7には6つの課題があり、そのうち4つは過去の課題の続き、2つは全く新しい課題 ・iWildCam、Herbarium、iMat Fashion、iMetは去年から続く動植物、衣服、博物館所蔵物の分類 ・Semi-Supervised Aves(半教師あり学習による鳥類分類)と「Plant Pathology(植物病理学)」 […]

XTREME:多言語対応能力を評価する多言語マルチタスクベンチマーク

AI

1.XTREME:多言語対応能力を評価する多言語マルチタスクベンチマークまとめ ・自然言語処理の主要な挑戦の1つは世界の全ての約6900言語で機能するシステムを構築すること ・「多言語間で汎用的な言語の特徴」を学習しようとするモデルは増加しているがベンチマークがなかった ・XTREAMは多言語で構文または意味について推論する事を要求する9つタスクで構成されるベンチマーク 2.XTREMEとは? 以 […]

SimCLR:対照学習により自己教師学習の性能を向上

AI

1.SimCLR:対照学習により自己教師学習の性能を向上 ・同じ画像同士の特徴量を最大化しつつ違う画像同士の特徴量を最小化する事を対照学習という ・SimCLRは自己教師および半教師でありながら対照学習により教師あり学習に迫るスコアを達成 ・対照学習ではデータ水増しを行うがランダムな切り抜きとランダムな色ズレの組み合わせが有効 2.SimCLRとは? 以下、ai.googleblog.comより「 […]

人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(3/3)

AI

1.人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(3/3)まとめ ・ビジネスにAIを採用させる事を成功するためにはビジネス固有のカスタムソリューションが必要 ・より複雑なデータサイエンスの問題には、特定分野の専門家による介入とガイドが不可欠となる ・良い目的で使用されるAIと悪い目的で使用されるAI間の綱引きは引き続いていく 2.DIY AI時代 以下、ww […]

機械学習のトップマインドによる2020年のAI予測(3/3)

AI

1.機械学習のトップマインドによる2020年のAI予測(3/3)まとめ ・ニューラルネットワークを訓練する際の計算は非常に無駄が多く根本的な再考が必要 ・AIの解釈可能性の向上にはニューラルシンボリックアプローチが有用とIBMは考えている ・顔認識技術以外にも音声認識など様々な生体認証技術の精度向上はまだあまり認知されていない 2.ニューラルシンボリックアプローチ 以下、venturebeat.c […]

1 3