Google Faculty Research Awards 2017の発表

調査研究

1.Google Faculty Research Awards 2017の発表まとめ

・世界の研究を助成するGoogle Faculty Research Awardsが決定
・日本人っぽい名前の方は1名おられたが大学は海外であった
・次回の応募締め切りは2018年9月

2.Google Faculty Research Awardsとは

以下、ai.googleblog.comより「Google Faculty Research Awards 2017」の意訳です。元記事は2018年3月20日、Maggie Johnsonさんによる投稿です。

2020年4月追記)Google Faculty Research Awardは2019年が最後となり2020年からは2つの新しいプログラムが開始されました。

Googleが毎年行っているコンピューターサイエンスやそれに関連する研究、マシーンラーニング(機械学習)やマシーンパーセプション(機械知覚)、自然言語処理、量子コンピュータなどに関わる研究に助成する賞の事。

競争は厳しく申し込みの15%程度しか採用されていないが、最高15万ドルが使用用途制限なしで助成される。その2017年の採用結果が発表された。

・全世界46国の360大学から1033の提案で152のプロジェクトが採択
・最も採択が多かった分野は
Human Computer Interaction(コンピュータの使い道や使い方を改良する研究、かなり幅広い概念)、マシーンラーニング(機械学習)やマシーンパーセプション(機械知覚)、システム
・提案数は前回よりトータルで17%増加
・アジアパシフィック地域の大学からの提案が87%増加
・Computational Neuroscience(脳をコンピュータに見立ててその機能を調べる研究)の提案が53%増加
・量子コンピュータに関する提案は二倍に

興味のある方は次回締め切りは2018年9月との事なので見てみるのもよろしいかもしれません。2017年の採択結果をざっと見てみたのですが、日本人っぽいお名前は「Augmented and Virtual Reality」の分野にお一人おられましたが、所属大学は海外の大学でした。

3.Google Faculty Research Awards 2017の発表関連リンク

1)research.googleblog.com
Google Faculty Research Awards 2017

2017 Award Recipients

コメント

タイトルとURLをコピーしました