人工知能で脳の記憶の仕組みを解明して記憶力を向上する試み

  • 2018.02.23
  • AI
人工知能で脳の記憶の仕組みを解明して記憶力を向上する試み

1.人工知能で脳の記憶の仕組みを解明して記憶力を向上する試みまとめ

・脳の記憶の仕組みを人工知能を使って解明する試みが行われている
・脳に埋め込んだ電極から記憶するときの脳と忘れるときの脳を人工知能が判別できた
・更には脳に刺激を与えて単語記憶の能力を平均15パーセント向上させる事も出来たという

2.記憶できる時の脳と記憶できない時の脳の違い

今回の実験では治療のために脳に電極を埋め込んでいるてんかん患者さん達の協力を得て、「記憶できる時の脳」と「記憶できない時の脳」の違いを人工知能に判別させる事が出来たと言う。更にはその結果を元に単語を記憶する瞬間に脳の状態を調べ「記憶できる時の脳」でなければ電気的刺激を与えて「記憶できる時の脳」の状態に近づけ、単語記憶の能力を平均15パーセントアップさせる事さえできたと言う。

うーん、素直な感想として凄いと言うより何か少し空恐ろしいものを感じてしまった。試験勉強などで暗記をしている時は自らの物覚えの悪さに「脳を直接刺激できればなぁ」などと妄想してしまう事もあったが、現実世界で既に実現しつつあるとは。今回の実験はあくまで「脳に電極を埋め込んでいる」と言う特殊な状況下での実験だけど確実に脳がアップグレードされるとなったら脳に電極を埋め込む事を厭わない人はでてくるだろう。また、将来的には頭蓋骨を透過して刺激を与えるような技術もいずれは開発されるだろう。半人間半機械、いわゆるサイボーグがSFの世界から飛び出してくるのは遠くないのかもしれない。

3.人工知能で脳の記憶の仕組みを解明して記憶力を向上する試み参考リンク

1)wired.jp
人工知能が、脳を刺激して「記憶力を向上」させる方法を見つけ出した:米研究結果