AI開発でアメリカが中国に負けている理由

  • 2018.02.17
  • AI
AI開発でアメリカが中国に負けている理由

1.AI開発でアメリカが中国に負けている理由まとめ

・特許の保護、規制の緩和、研究投資をしないと米国は中国に人工知能開発で負ける
・人工知能脅威論に基づいて自重しても競争相手が止まらないのだから止める事はできない
・企業だけでなく国家間でも威信をかけた人工知能開発競争が繰り広げられている

2.止めらない人工知能開発競争

newsweekjapanの記事より。中国は数十億ドルを投じて、30年までにAI分野で世界をリードするという目標を掲げている。アメリカも昔、ソ連と宇宙開発を競い合ったのと劣らぬ熱意で取り組まなければ競争優位を失うとの主張。確かに論文などを見ていると中国系の名前は多いし、人工知能の研究成果でもアメリカ企業と競り合っている

しかし「イーロンマスクを無視せよ」の主張に笑ってしまった。イーロンマスク氏は電気自動車のテスラや宇宙輸送業のSpaceXでCEOとして活躍している著名人だけれども、人工知能脅威論者としても有名。「(人工知能開発が)悪魔を呼び起こす」や「(人工知能開発競争が)第3次世界大戦の引き金になる」と恐怖を煽った発言もあるがそれらを無視するべき、仮にアメリカが色々と自重したとしても他の国(中国)は決して自重しないのだからやるしかないのだとの主張。

確かにその通りであるから、人工知能開発は止められないのだと思うけど、人工知能の急速な進化に人間社会は対応しきれるのだろうかとの不安も感じてしまう。

3.AI開発でアメリカが中国に負けている理由関連リンク

1)newsweekjapan.jp
AI開発でアメリカが中国に負けている4つの理由