Apple WatchはAIと組み合わせて糖尿病を85%の精度で検出可能

  • 2018.02.09
  • AI
Apple WatchはAIと組み合わせて糖尿病を85%の精度で検出可能

1.Apple WatchはAIと組み合わせて糖尿病を85%の精度で検出可能のまとめ

・安静時心拍数と心拍数の変動を観測し糖尿病および高血圧を検出する技術の研究が進んでいる
・Apple’s WatchはAIを組み合わせて心拍異常や睡眠時無呼吸、高血圧症は高精度で検出可能
・米国では1億人以上が前糖尿病ならびに糖尿病患者と言われており様々な応用が期待されている

2.AppleWatchとAIの組み合わせ

以前、スマホの傾きからパスワードを予測する論文が発表されていたが、AppleWatchのように最初から身体機能を測定用の時計なら人工知能と組み合わせて様々な用途に活躍できるのだろうな、と思う。技術的には素晴らしいが、現実的にはAppleWatchを買える人はおそらく人工知能に頼らずとも医師による診断を受ける事ができるだろう。

また、アメリカの1億人以上が前糖尿病ならびに糖尿病患者で、そのうちの4分の1以上が診断を受けていないとの事であったが、たぶん、本人も周囲も不健康な生活を送っている事の自覚はあるはず。糖尿病だとわかったからと言って、それが治療できるかは本人の固い意思にかかっている。こういった人間の意思が揺らいでしまうような事や衰える認知機能をフォローしてくれたりカウンセリングしてくれるような、弱者をフォローしてくれる人工知能が出来てくれると大変世の中に貢献する素晴らしい事になると思うのだが、弱者はお金もあまり持っていないだろうからビジネスにならず、弱者に向き合ってくれる人工知能が出来るまではまだ時間がかかってしまうのだろうな、と少し悲しく思った。

 

3.Apple WatchはAIと組み合わせて糖尿病を85%の精度で検出可能の参考リンク

1)techcrunch.com
Cardiogramの研究によれば、Apple Watchは糖尿病を85%の精度で検出可能