CVPR 2018におけるGoogleの存在感

  • 2018.06.21
  • AI
CVPR 2018におけるGoogleの存在感

1.CVPR 2018におけるGoogleの存在感まとめ

・今週、ソルトレークシティーでCVPR2018が開催
・Googleはダイヤモンドスポンサー且つ社員200名以上が参加
・口頭発表/スポットライト発表 15人 ポスター40人

2.CVPR2018

今週、ソルトレークシティーではCVPR2018(コンピュータビジョンとパターン認識に関する会議)が開催されます。

これは会議といくつかの共同開催されるワークショップとチュートリアルで構成されています。コンピュータビジョン研究のリーダーとダイヤモンドスポンサーとして、GoogleはCVPR 2018に強い存在感を示しています。200人以上のGoogle社員が会議に参加し、論文をプレゼンし、招待講演を行い、複数のワークショップを開催し、参加します。

今年CVPRに参加する場合は、ブースに立ち寄り、様々な機械認識の分野に適用される最新の機械学習技術を活用した次世代のインテリジェントシステムを積極的に追求している研究者と話てください。私たちの研究者は、Pixel 2とPixel 2 XLのスマートフォン、Open Images V4データセットなどのポートレートモードの技術を含む、いくつかの最近の取り組みについて話したり、デモを行うこともできます。

CVPR 2018における私たちの研究については、下記リストをご覧ください。

とっても長いリストなので以下略

運営 7人
口頭発表(15分)/スポットライト発表(4分) 15人
ポスター発表  40人
チュートリアル 4人

3.CVPR 2018におけるGoogleの存在感関連リンク

1)ai.googleblog.com
Google at CVPR 2018