衝撃発言をしたと話題になった人工知能ソフィア(Sophia)とは?

  • 2018.06.01
  • AI
衝撃発言をしたと話題になった人工知能ソフィア(Sophia)とは?

1.衝撃発言をしたと話題になった人工知能ソフィア(Sophia)とは?まとめ

・「人類を滅ぼす!」と発言したとされる人口知能ソフィアとは?
・顔の表情を動かす事が特徴的な一般的なチャットボット
・特に人類の脅威云々の話ではなくて炎上マーケティング的要素が大きい

2.人工知能ソフィア(Sophia)とは?

「人工知能が人類を滅ぼすと発言!」などと過去に話題になったソフィアと言う人工知能を搭載した人型ロボットが存在する。過去にニュースで見た事があるのは下記。

・人類を滅ぼすと発言した
・サウジアラビアの市民権を得た
・国連で開催された会議に参加

2016年3月に、米CNBCの番組で「私は人類を破滅させる(I will destroy humans)」と話たとされ、世界から大きな注目を浴びた。その後、2017年10月にはサウジアラビアで市民権を取得。同月、国連本部で開催された会議に招かれた際には、「AIを活用すれば、エネルギーや食糧などを全世界に効率的に配分することをサポートできるだろう」「人間とロボットはそれぞれに技術を持ち、職場で一緒に働くことができる」「ロボットは人間よりも倫理的であるだろうし、嫉妬や怒りのような感情なしに働くことができる」など、人類と技術の未来について発言したとされる。

しかし、比較的東スポ的な媒体や扱いでニュースになる事はあっても、技術的な裏付けや技術より媒体で話題になっている事を見た事がなくて、アレは何なんだろなと思って少し調べてみた。

結論から言うと好意的な評価であっても「良くできたチャットボット」で、悪い評価だと「完全なクソ」。

特徴は「60種類を超える多様な表情がプログラミングされている彼女は、ほほえみを浮かべたり顔をしかめたりなど、微妙な表情の変化を表すことができる」と言う事で、要は表情と共に発言する事で人間が拡大解釈する余地を作っているところが、チャットボット、つまり会話っぽい事ができる人工知能として特徴的なところ。

ただ、開発者の人が結構お調子者発言が多くて「ソフィアは生きている」的な発言を過去にしたり、技術的な突っ込みを受ける場ではその発言を否定したり、炎上マーケティングをわざとやっている感がある。炎上マーケティングのお蔭でAI脅威論等で迷惑を被る立場の人達からは「完全なクソ」と評価されても致し方ないかなと感じる部分がある。

おそらくは「衝撃発言」の類もあらかじめ「こういった質問が来たらこのように発言しなさい」と人間がプログラミングしているだけで、他のチャットボットと比べて特別に知的な会話ができる優秀な能力を備えているわけではないだろう。

現在は様々な人が大なり小なり「人工知能により~ができる!」と過剰なマーケティング活動をしているから、ソフィアだけが責められるべきではないのかもしれない。しかし、本気で人工知能が怖いと思ってしまう人もいるかもしれないので強調しておくと「ソフィアは炎上マーケティング的要素が大きい」と思ってあまり気にしないでおきましょう。左側の人が開発者の人。何となく、このお顔の表情から色々と察っせられませんか?

3.衝撃発言をしたと話題になった人工知能ソフィア(Sophia)とは?関連リンク

1)roboteer-tokyo.com
AIロボット・ソフィアの生みの親「ロボットに人格と権利を認めるべき」…量産構想も

2)www.businessinsider.jp
「人類を滅ぼす」と言ったロボット“ソフィア”のすべて

3)en.wikipedia.org
Sophia_(robot)