物理学

1/6ページ

Google Research:2019年の振り返りと2020年以降に向けて(1/9)

AI

1.Google Research:2019年の振り返りと2020年以降に向けて(1/9)まとめ ・Google Researchを率いるJeff Deanによる恒例の年初投稿。去年の振り返りと今後の方向性 ・AIの倫理的利用についてはモデルカード、Activation Atlases、Fairness Indicators、FaceForensicsなど ・AI for Social Goodは […]

人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(1/3)

AI

1.人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(1/3)まとめ ・AIが現実世界で益々使われるようになり拡張現実を組み合わせることで顧客体験が変わっていく可能性 ・2020年も言語モデルの分野で目覚ましい進歩が見られチューリングテストの合格に近づく可能性 ・ディープラーニングの表面的な活用だけでなく新しいアルゴリズム開発が科学分野で行われる可能性 2.研究 […]

TensorFlowを使用したM理論への新しいアプローチ

AI

1.TensorFlowを使用したM理論への新しいアプローチ ・現在の量子力学では4つの基本的な力のうち3つしか説明できていない、重力が未解明 ・重力を含めて理論的に説明しようとすると膨大な計算が必要になり計算不能 ・TensorFlowによって簡略化を行いM理論の解釈やに理論物理学をさらに進歩させる手法を提案 2.理論物理学と機械学習 以下、ai.googleblog.comより「New Sol […]

Google AI Residency Programの第三期のハイライト

AI

1.Google AI Residency Programの第三期のハイライトまとめ ・Google AI Residency Programの第三期生の成果の発表、論文以外にも幅広い活動を行った ・第五期の募集として2020 Google AIレジデンシープログラムの申し込みも開始されている ・出願順に候補者が検討されるため、応募を考えている場合は早めの申し込みが吉 2.Google AI Re […]

プログラム可能な超伝導プロセッサを使用した量子超越性の達成(3/3)

1.プログラム可能な超伝導プロセッサを使用した量子超越性の達成(3/3)まとめ ・未知の新しい現象によって量子コンピュータの相対通りに動作しなくなるリスクも検証した ・Sycamore量子コンピューターは完全にプログラム可能であるためアプリケーションの開発も進んでいる ・広く多くの企業が量子コンピュータを利用できるようにする事と信頼性の向上が次の目標 2.量子コンピュータの活用 以下、ai.goo […]

1 6