外国語を半年でマスターする学習方法

外国語を半年でマスターする学習方法

1.外国語を半年でマスターする学習方法まとめ

・TEDの動画が元ネタなので詳細はそちらを参照
・5つの原則を守り7つの実践をする
・日常会話の相手をしてくれる人が必要

2.半年間で外国語で会話できるようになるためには?

以下、TEDの動画よりクリス・ロンズデールさんの講演の要約です。外国語の習得には何段階もの壁があると感じる今日この頃ですが、オンライン英会話も随分お安くなっているので半年間真面目にチャレンジしてみようかな、と思っています。

5つの原則
1)注意と意味と重要性と記憶の関係を意識する

2)言語の自分にとって重要な部分に集中する
(ヒアリング、スピーキング、リーディング、ライティング)

3)その言語を最初からコミュニケーションの道具として使う

4)伝達内容を前もって理解していると言語は無意識のうちに見に付く

5)心理状態が大事、楽しくリラックして不完全である事に寛容になる

7つの実践
1)沢山聞く
環境を整えるリズムやパターンなど。脳を外国語に浸す
→ウォークマンで学習CD、海外ドラマ、ラジオ会話などで可能

2)言葉より先に意味を知る
ボディーランゲージでも良い
→コミュニケーション相手を見つける必要あり

3)単語を組み合わせる
想像的な組み合わせを楽しむ
→コミュニケーション相手を見つける必要あり

4)大切な事に集中する
3000ワードで日常会話が出来る。
学習上必要な言い回しを覚える(これは何と言いますか?等)
代名詞や形容詞を覚えて幼児のように話せるようになる
繋ぎ言葉を覚える ここまでで3~4週くらいのペース
→コミュニケーション相手を見つける必要あり

5)言語を覚える上での両親を見つける
決して笑わない馬鹿にしない安心してしゃべる事ができる人
理解しようとしてくれる、訂正しない、フィードバックしてくれる人
→コミュニケーション相手を見つける必要あり

6)顔の動かし方を真似る
顔の動きと音を真似る(知識の習得ではなく、筋トレに近いと心得る)
→コミュニケーション相手を見つける必要あり

7)メンタルイメージと繋げる
単語を母国語の単語につなげるのではなくイメージとして捉える
→日々の心がけや工夫