現在調査中の事

1.私たちはAIに仕事を奪われる事を心配するべきか?

近年、人工知能の脅威が様々なメディアの様々な文脈で語られる事がありますが、じつは脅威の内容は人によって異なります。シンギュラリティに到達し人間の能力を完全に凌駕する人工知能の出現を危惧している人たち、ビッグデータや人工知能を誰かが独占することを恐れている人たち、人工知能により人間の仕事が奪われる事を心配する人たち。

この調査では、個人の生活に密接に関係してくる「人工知能により人間の仕事が奪われる事」について、関連する論文や本、ニュースを確認し、私たちはどのような対策 or 心構えで来るべき人工知能時代に備える事ができるのかを可能な限り明確にしたいと考えています。

2.arxiv.orgの人工知能の論文の分類

人工知能の論文が投稿されるサイトは幾つかありますが、arxiv.orgは最も投稿数が多いサイトです。毎月、玉石混交な1000件以上の論文が公開されており、簡単な分類はされているとは言え、自分が興味を持っている事について関連する論文を見つける事は至難の業です。

この調査では、arxiv.orgの論文をもう少し細分化して関連性の高い論文毎に分類する事を目指します。

2018年4月、既存のクラスタリング手法では細分化しすぎてしまうため、論文タイトルに出現する単語を元に大まかなトレンドを月別に把握する事と、TensorFlowで実装されたSemantic Clusterで実験的に分類しました。

arxiv-trend
arxiv-trend

3.ベーシックインカムについて

人工知能があらゆる点で人間を凌駕するようになった後の世界では、ほとんどの人間が失業するので、全ての人間に最低限度の生活が出来るように現金を配るべき、というのがベーシックインカムの考えです。これは荒唐無稽な話にも聞こえますが、世界には社会実験を行っている国や地域もあるようです。

この調査では、ベーシックインカムについての本や論文、社会実験結果を調べ、それが「人工知能により人間の仕事が奪われる事」への回答になっているのか可能な限り調べたいと考えています。