北陸と四国へのGotoキャンペーンは状況確認が必要

ビッグデータ

1.北陸と四国へのGotoキャンペーンは状況確認が必要まとめ

・新型コロナウイルスの都道府県別陽性者死亡率をチェックしたらブレ幅が非常に大きい
・累計死亡率が4%を超えている地域が北陸と四国に固まっており理由がわからない
・適切な治療を受ければ助かった可能性が高い人が治療を受けられていない可能性がある

2.GoogleのCOVID-19 感染予測 (日本版)から読み取れた事

昨日、Googleが日本国内のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染の広がりについて、都道府県別で予測した「COVID-19 感染予測 (日本版)」を公開してくれたとプレスリリースがありました。そのデータを確認していたところ、予測の方ではなく実績データの方で気になる偏りがあったのでタイトルとなりました。

下記の表の一番右側「陽性者死亡率」を見て頂きたいのですが、4%を超えている県が存在します。東京(1.4%)の3倍です。そして、何故か上位が北陸と四国に固まっています。

病院数や高齢化率等をざっと調べてみましたがこれらの地域が飛び抜けて低いわけではないので理由はわかりませんでした。しかし、これらの地域では何らかの理由により適切な治療を受ければ助かった可能性が高い人が治療を受けらなかった可能性があり、何故、このような偏りが発生しているのか確認すべきと考えます。

たまたまと言うには偏りすぎています。原因がわかった方がいたら、是非教えてください。

No都道府県累積陽性者実績値(A)累積死亡者実績値(B)陽性者死亡率(B)÷(A)
1 富山県425266.1%
2 石川県830495.9%
3 徳島県17195.3%
4 愛媛県12964.7%
5 福井県272114.0%
6 高知県14442.8%
7 岡山県396102.5%
8 鹿児島県554132.3%
9 北海道54941272.3%
10 青森県27862.2%
11 山梨県27562.2%
12 群馬県956202.1%
13 福岡県53791041.9%
14 茨城県967181.9%
15 大分県16431.8%
16 沖縄県3741661.8%
17 神奈川県101551821.8%
18 兵庫県3895721.8%
19 香川県11421.8%
20 埼玉県68211191.7%
21 大阪府154212611.7%
22 千葉県5781841.5%
23 岐阜県809121.5%
24 京都府2222311.4%
25 東京都347514701.4%
26 福島県43561.4%
27 滋賀県66391.4%
28 愛知県75991001.3%
29 奈良県844111.3%
30 長野県46161.3%
31 長崎県24931.2%
32 和歌山県32641.2%
33 三重県62071.1%
34 熊本県90391.0%
35 山形県9711.0%
36 宮城県98380.8%
37 山口県26620.8%
38 広島県69450.7%
39 佐賀県27810.4%
40 宮崎県37310.3%
41 栃木県51610.2%
42 静岡県82220.2%
43 秋田県7300.0%
44 新潟県22600.0%
45 鳥取県5200.0%
46 岩手県6900.0%
47 島根県14100.0%

3.北陸と四国へのGotoキャンペーンは状況確認が必要関連リンク

1)datastudio.google.com
COVID-19 感染予測(日本版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました