ホーキング博士が考えていた人工知能と人の未来

  • 2018.03.18
  • AI
ホーキング博士が考えていた人工知能と人の未来

1.ホーキング博士が考えていた人工知能と人の未来まとめ

・問題は機械によって人の仕事が奪われるかどうかではない
・機械によって生み出される富の分配をどうするかで未来は変わる
・皆で分け合えば幸せな未来になるが、富を独占された未来は危うい

2.ホーキング博士と人工知能

2018年3月14日、難病による車いすの科学者として有名であったスティーブン・ホーキング博士がお亡くなりになった。ホーキング博士が人工知能懐疑派であった事は知っていたが、改めて発言を調べてみたらとても示唆に富んだ発言があった事を知った。

アメリカのニュースサイトreddit.comの「AMA(Ask Me Anything.何でも聞いて)」と言うイベントにホーキング博士が出演した際のQA。

Q:
テクノロジーによる失業の実現性について考えたことはありますか?自動化は、人間より早く安く仕事をこなす事が出来るので、大量の失業を引き起こすのではないでしょうか?このような考えを100年以上前のラッダイト運動(産業革命時代に,機械打ち壊しを集団的に行った英国の労働者)とみなす人もいます。
とりわけ聞きたいのは、多くの作業が自動化されて、人間がやるべき仕事が少なくなった世界を予見できますか?それとも人間は常にやるべき仕事を見つけるか、もっと仕事を作り出すようになるでしょうか?

A:
もし、機械が我々の必要な全てを生産するのであれば、結果は分配方法をどうするかによるでしょう。
機械が生み出す富を皆で分け合うのならば、全員が贅沢な暮しを楽しむ事が出来ます。逆に、機械の所有者が富の再分配反対のロビー活動に成功すれば、大半の人が惨めで貧しい生活をするはめになるでしょう。
今のところ後者の傾向が強いようです。技術革新で富の不平等は拡大しています。

問題は富の再分配と言う事ですね。確かにおっしゃる通りと思う。

誰もが納得するように公平に富をわけるのは困難。おそらくは機械の所有者だけでなく、分配方法に納得いかない人の反対も出てきて、ベーシックインカムに関する議論は中々進まないであろうと思う。しかし、未来の人類がホーキング博士の助言を素直に聞き入れて上手い事やってくれる事を期待したい。

3.その他のホーキング博士の人工知能に関するお言葉

・起こりうる危険に対して準備し、それを避ける方法を学ばない限り、人工知能(AI)はわたしたちの文明の歴史における最悪の事象になりえます。

・強力な自律兵器や少数者が多数を抑圧する新たな手法のような危険を、AIはもたらします。AIはわれわれの経済に大きな混乱をもたらすかもしれません。

・いつの日か、誰かが自己複製するAIをつくりだすでしょう。それは人間の知性を上回り、新たな形態の生命になるはずです。

・完全な人工知能の開発は人類の終わりを意味するかもしれません。独自に活動し始め、どんどんペースを上げながら自己改良していくでしょう。(中略)緩慢な生物学的進化に制限されるヒトはそれと競争できず、地位を取って代わられます。

4.ホーキング博士が考えていた人工知能と人の未来関連リンク

1)reddit.com
Stephen Hawking AMA

2)newsweekjapan.jp
ホーキングが遺した警告「富を再分配しなければ人類は貧乏になる」

3)rocketnews24.com
機械に仕事を奪われたら人間の未来はどうなる? ホーキング博士の答えが話題

4)bbc.com
ホーキング氏死去 世界的な物理学者が残した数々の名言

5)wired.jp
ホーキング博士は、時空を“超越”した物理学者だった──『WIRED』US版による追悼