2018 Google PhDフェローシップサミットのハイライト

  • 2018.12.05
  • AI
2018 Google PhDフェローシップサミットのハイライト

1.2018 Google PhDフェローシップサミットのハイライトまとめ

・ 2018 Google PhD Fellowship Summitがマウンテンビューで開催
・PhDフェローシッププログラムの受賞者はGoogleから様々なバックアップを得られる
・北米、ヨーロッパ、中東、中国、東アジア、インド、オーストラリア、アフリカから57名

2. Google PhDフェローとは?

以下、ai.googleblog.comより「Highlights from the 2018 Google PhD Fellowship Summit」の意訳です。元投稿は2018年11月30日でSusie Kimさんの投稿です。1:11~Jeff Deanさんのご尊顔がビデオで見れます。0:28~はGAN’S FatherのIan Goodfellowさんですね。

Googleは、傑出した大学院生がコンピュータサイエンスおよび関連分野で優れた研究を行っていることを認識し、彼等をサポートするためにPhDフェローシッププログラムを開始しました。このプログラムは、テクノロジーの未来に影響を与えようとするコンピュータサイエンス(または関連分野)の大学院学位を取得しようとしている学生にとってまたとない機会を提供します。現在、フェローシップは10年目になり、オーストラリア、中国、東アジア、インド、北米、ヨーロッパ、中東、アフリカの400名の大学院生を支援しています。

毎年、Google PhDフェローは、GoogleのグローバルPhDフェローシップサミットに招待され、Googleを介して行われている最先端の研究に直に触れ、Googleの研究コミュニティや他のPhDフェローとコネクションを作る機会が与えられています。 以下では、最新のサミットのハイライトをいくつか紹介し、最新の受信者を発表します。

サミットのハイライト
今年のグローバルPhDフェローシップ・サミットでは、世界中のフェローが、マウンテンビューのキャンパスに集まり、2日間の講演、集中的な議論、研究活動の共有、人的ネットワークの構築を行っています。教育と大学プログラムのヴァイスプレジデントであるMaggie Johnsonはフェローを歓迎し、研究に対するGoogleのアプローチと、学界との協力を促すより多くの支援活動を紹介しました。

アジェンダには、主任科学者のMaya Guptaが機械学習モデルを制御して、自分の望むようにするための制約と目標を設定する基調講演をはじめ、Andrew Tomkins、Rahul Sukthankar、Sai Teja Peddinti 、Amin Vahdat、Martin Stumpe、Ed Chi、Ciera Jaspanなど、さまざまな研究の観点の講演が含まれました。最後に、Google AIのシニアフェローでSVPのJeff Dean氏が講演し、ディープラーニングを使用してGoogleのさまざまな課題を解決する方法について講演しました。

フェローは、フェロー同士で関係を深め、ポスターイベントでGoogleの研究者の研究について話を聞き、各分野のリーダー達から短くとも深いフィードバックを受ける機会を得ました。

パネルディスカッションでは、フェローの同窓生たち、2人は学問の世界に進み、もう2人はGoogleに就職、がキャリアパスについて両サイドからの視点を提供しました。

2018 Google PhDフェローの完全なリスト
私達はGoogle PhDフェローは、世界各地の最も優れたコンピュータサイエンスの若手研究者を代表していると考えています。そして、誇りを持って彼らを応援するのが私たちの目標です。そのため、我々は昨年4月に発表した北米、ヨーロッパ、中東フェローに新たに加わった中国、東アジア、インド、オーストラリア、アフリカの最新の受賞者を発表したいと考えています。 今年の受賞者全員におめでとう!

受信者の完全なリストは次のとおりです。(訳注:お名前の転載は止めておきました)

Algorithms, Optimizations and Markets
5名

Computational Neuroscience
3名

Human Computer Interaction
6名

Machine Learning
12名

Machine Perception, Speech Technology and Computer Vision
6名

Mobile Computing
3名

Natural Language Processing
9名

Privacy and Security
1名

Programming Technology and Software Engineering
4名

Quantum Computing
1名

Structured Data and Database Management
1名

Systems and Networking
6名

日本関連だと東京大学の方が1名とエジプト日本科学技術大学のエジプトの方が1名おられるようでした、おめでとうございます。

3.2018 Google PhDフェローシップサミットのハイライト関連リンク

1)ai.googleblog.com
Highlights from the 2018 Google PhD Fellowship Summit