Google at Interspeech 2019

  • 2019.09.24
  • AI
Google at Interspeech 2019

1.Google at Interspeech 2019まとめ

・オーストリアで国際音声コミュニケーション協会の第20回年次会議(Interspeech 2019)が開催
・GoogleはInterspeech 2019のゴールドスポンサーとして、30の研究出版物を発表予定
・Googleは30の研究出版物を発表しParrotronやGoogleアシスタントなどをデモ予定

2.Interspeech 2019とは?

以下、ai.googleblog.comより「Google at Interspeech 2019」の意訳です。元記事の投稿は2019年9月15日、Andrew Heltonさんによる投稿です。他のカンファレンスに比べるとGoogleの関連規模がやや少ないですね。

今週、オーストリアのグラーツでは、国際音声コミュニケーション協会の第20回年次会議(Interspeech 2019)が開催されます。これは、音声言語処理の研究とエンジニアリングに関する世界で最も大規模な会議の1つです。音声関連の研究分野の2,000人を超える専門家が集まり、口頭発表とポスターセッションに参加し、世界中のストリーミングイベントと協力します。

GoogleはInterspeech 2019のゴールドスポンサーとして、30の研究出版物を発表できることを楽しみにしており、動画に自動で字幕を付ける自動ビデオキャプション技術から、より堅牢で信頼性の高いGoogleアシスタントに至るまで、音声技術が製品にもたらした影響の一部を展示します。

Interspeech 2019に参加する場合は、Googleブースに立ち寄って研究者と会い、数十億の人々に関わる興味深い問題を解決するプロジェクトやGoogleでの機会について話し合うことをお勧めします。Google Cloud Text-to-SpeechやSpeech-to-Text、Parrotronのデモなどについても研究者と話し合う事ができます。Interspeech 2019で発表されているGoogleの調査について以下に詳しく知ることもできます。(Googleの所属は青文字)。

以下、とっても長いリスト

Organizing Committee 1
Technical Program Committee 1
Tutorials 1
Accepted Publications 30

3.Google at Interspeech 2019関連リンク

1)ai.googleblog.com
Google at Interspeech 2019