Google at ICCV 2019

  • 2019.11.02
  • AI
Google at ICCV 2019

1.Google at ICCV 2019まとめ

・ICCVが今週韓国で開催され、Googleは200名以上の社員と40以上のプレゼンを実施
・MediaPipeや新しいOpen Images V5データセット、Google Lensの新しい開発などのデモも開催
・Open Images V5は対象物体を輪郭レベルで明確化したセグメンテーションマスクを持ちコンペも開催

2.ICCV 2019とは?

以下、ai.googleblog.comより「Google at ICCV 2019」の意訳です。元記事の投稿は2019年10月28日、Andrew Heltonさんによる投稿です。

今週、韓国ソウルは、コンピュータービジョンに関する世界有数の会議の1つであるコンピュータービジョンに関する国際会議2019(ICCV 2019:International Conference on Computer Vision )が開催されます。コンピュータービジョン研究のリーダーおよびゴールドスポンサーとして、GoogleはICCV 2019で強力な存在感を示し、200人以上のGoogle社員が参加し、40以上の研究プレゼンテーションを行い、多数のワークショップやチュートリアルの運営に関与します。

今年のICCVにご参加の場合は、是非私達のブースにお立ち寄りください。そこでは、コンピュータービジョンの最新の革新を積極的に追求している研究者と会話し、MediaPipeの背後にあるテクノロジー新しいOpen ImagesデータセットGoogle Lensの新しい開発など、最新の研究のデモに触れる事ができます。

ICCV 2019で発表されているGoogleの研究の詳細については、下記をご覧ください。(Google所属者は青文字で表示されています)

 

以下、とっても長いリスト

Organizing Committee 1
Oral Presentations 12
Poster Presentations 29
Workshops 7
Tutorials 1

3.Google at ICCV 2019関連リンク

1)ai.googleblog.com
Google at ICCV 2019