elmo

1/2ページ

Open Images V6:新しいタイプの注釈localized narrativesが特徴(2/2)

AI

1.Open Images V6:新しいタイプの注釈localized narrativesが特徴(2/2)まとめ ・Open Images V6では、視覚的関係の注釈の種類を1桁(約1.4k)増やした ・個々のアクションを実行する人間を含んだ250万の注釈も増やした ・2350万の人間が検証した新しい画像レベルのラベルも追加した 2.Open Images V6の収録データ数 以下、ai.goo […]

T5:Text-To-Text Transfer Transformerと転移学習の探索(1/3)

AI

1.T5:Text-To-Text Transfer Transformerと転移学習の探索(1/3)まとめ ・転移学習を用いたNLP関連技術の進歩が速すぎて何が効果的なのか評価することが困難になった ・最も効果的な転移学習手法を調べ、得た洞察を元にT5と呼ばれる新しいモデルを開発 ・T5は多くのNLPベンチマークで最先端の結果を達成し、様々な下流タスクに微調整可能 2.T5とは? 以下、ai.g […]

人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(3/3)

AI

1.人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(3/3)まとめ ・ビジネスにAIを採用させる事を成功するためにはビジネス固有のカスタムソリューションが必要 ・より複雑なデータサイエンスの問題には、特定分野の専門家による介入とガイドが不可欠となる ・良い目的で使用されるAIと悪い目的で使用されるAI間の綱引きは引き続いていく 2.DIY AI時代 以下、ww […]

機械学習のトップマインドによる2020年のAI予測(2/3)

AI

1.機械学習のトップマインドによる2020年のAI予測(2/3)まとめ ・Jeff Deanはマルチモーダル学習とマルチタスク学習の進歩を期待 ・Anandkumarは反復アルゴリズム、自己教師学習の進化を予測 ・顔認識AIなど個人のプライバシーに関する倫理的問題が表面化する可能性もある 2.大規模モデルと自己教師学習の追求 以下、venturebeat.comより「Top minds in ma […]

Snorkel MeTaLを用いた大規模マルチタスク学習(2/4)

AI

1.Snorkel MeTaLを用いた大規模マルチタスク学習(2/4)まとめ ・Snorkel MeTaLが最先端のスコアを達成するために辿った教師信号を具体的に解説 ・伝統的な教師信号から開始し、次の段階は事前学習からの転移学習 ・そして「もっと多くの教師となる信号が必要です(We need more signal. 💪)」で以下次号 2.Snorkel MeTaLの教師となる信号 以下、daw […]