転移学習

アプリケーション

Project Guideline:視力の弱い人が一人で走れるようにする(2/2)

1.Project Guideline:視力の弱い人が一人で走れるようにする(2/2)まとめ ・既存のデータセットは自動運転車用でランニング用途の学習に使う事が難しかった ・自動運転車用データ、合成データ、本当のランニングデータの3段階...
AI関連その他

独自データを使って物体検出モデルの精度を上げる方法(2020年版)

1.独自データを使って物体検出モデルの精度を上げる方法(2020年版)まとめ ・2020年に物体検出モデルを再トレーニングしようとした時に取りうる選択肢の概要紹介 ・物体検出用データのラベル付け、データ拡張、モデリングなどを具体的に紹介...
基礎理論

転移学習とは何か?

1.転移学習とは何か? ・ディープラーニングは大量のデータと計算機能力を必要とするためハードルが高い ・転移学習は既に学習済みのモデルをベースにして学習をさせるので効率が向上する ・転移学習によりディープラーニングトレーニング時のデー...
AI関連その他

Google Research:2020年の振り返りと2021年以降に向けて(2/5)

1.Google Research:2020年の振り返りと2021年以降に向けて(2/5)まとめ ・機械学習の応用は脳の構造解析から有望な分子化合物の探索、チップセットの設計など多岐に ・責任あるAIは解釈可能性の向上やバイアスの削減、...
AI関連その他

Googleトレンドで振り返る2020年の日本のAI関連トレンド

1.Googleトレンドで振り返る2020年の日本のAI関連トレンドまとめ ・AIきりたん ・AI画伯 ・ai コロナ 予測 2.2020年に日本でトレンドになったAI関連キーワードとは? アイキャッチ画像のクレジットはPhoto...
AI関連その他

AI、機械学習、データサイエンス、ディープラーニングの2020年の進展と2021年の予測テクノロジー編(2/3)

1.AI、機械学習、データサイエンス、ディープラーニングの2020年の進展と2021年の予測テクノロジー編(2/3)まとめ ・データサイエンスチームは、必要な役割とスキルを分類するようになり細分化が進む ・AIを支援する企業は「サービス...
学習手法

DVRL:強化学習を使って学習用データの影響を推定(1/2)

1.DVRL:強化学習を使って学習用データの影響を推定(1/2)まとめ ・全てのデータサンプルがディープラーニングを学習させる際に等しく役立つわけではない ・低品質データを削除することでパフォーマンスを向上させる事が出来る場合もある ...
AI

GoogleのリサーチサイエンティストColin Raffelへのインタビュー(2/2)

1.GoogleのリサーチサイエンティストColin Raffelへのインタビュー(2/2)まとめ ・転移学習の刺激的な進歩の大爆発が技術の見極めを難しくさせT5に繋がった ・教師無し学習でラベルなしデータセットを活用する事が標準になる...
AI

GoogleのリサーチサイエンティストColin Raffelへのインタビュー(1/2)

1.GoogleのリサーチサイエンティストColin Raffelへのインタビュー(1/2)まとめ ・音楽に関する研究から始めたため、ラベル付きデータを取得する事の困難さを味わった ・そのため、ラベル付きデータの必要性を軽減する研究に関...
AI

自己教師学習で音声特徴表現と個人専用モデルを改善(2/2)

1.自己教師学習で音声特徴表現と個人専用モデルを改善(2/2)まとめ ・同じ音声のembeddingは、別の音声のembeddingよりembedding空間内で近い場所に位置するはず ・これを利用しBERTと同様なデータ自体の構造にの...
AI

自己教師学習で音声特徴表現と個人専用モデルを改善(1/2)

1.自己教師学習で音声特徴表現と個人専用モデルを改善(1/2)まとめ ・非セマンティックタスクとは、声の調子など、人間の音声の「意味以外の側面」に焦点を当てたタスク ・従来のベンチマークでは非セマンティックタスク用の特徴表現が有用か否か...
AI

Google翻訳の最近の進歩(2/2)

1.Google翻訳の最近の進歩(2/2)まとめ ・低リソース言語の翻訳品質向上には逆翻訳やM4モデリングなどが有効であった ・直近で行われた改良はフレーズベースの翻訳からNMTベースへ移行した4年前の改善度合いに匹敵 ・機械翻訳の幻...
タイトルとURLをコピーしました