ビッグデータ

1/7ページ

Google Research:2019年の振り返りと2020年以降に向けて(4/9)

AI

1.Google Research:2019年の振り返りと2020年以降に向けて(4/9)まとめ ・新たに開発した54量子ビットプロセッサで量子超越性を達成し一万年かかる計算を200秒で実現 ・計算時に発生する量子エラーの訂正に焦点を当てており、以前より長時間実行可能になっている ・AIアルゴリズムでは広告主に代わってコンバージョンを最大化する最適戦略の研究などを行っている 2.量子コンピューター […]

人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(2/3)

AI

1.人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(2/3)まとめ ・高速なトレーニング手法の研究、使い勝手の良いハードウェアを用いた高速トレーニング ・より多くのデータと計算機資源を投入する事でより良い結果が得られる時代の限界 ・マイクロコントローラーユニットと呼ばれるテクノロジーとその上で動く機械学習モデルの発展 2.ゴルディロックス エラ(丁度良い時代) […]

SGD:スキーマガイド付き対話学習用データセット(2/2)

AI

1.SGD:スキーマガイド付き対話学習用データセット(2/2)まとめ ・SGDデータセットは関数とそのパラメータをリスト化するマスタースキーマアプローチを採用していない ・代わりにスキーマガイドアプローチを採用しスキーマの特徴表現を学習させ対話システムへの追加入力とする ・このスキーマガイドアプローチによりトレーニングデータに存在しない新しいサービスへの対応が可能 2.スキーマガイドアプローチ 以 […]

SGD:スキーマガイド付き対話学習用データセット(1/2)

AI

1.SGD:スキーマガイド付き対話学習用データセット(1/2)まとめ ・バーチャルアシスタントの保守運用や機能追加の難しさは適切なデータセットがない事が一因 ・Schema-Guided Dialogueデータセット(SGD)はこの問題に対処する最大のタスク指向ダイアログコーパス ・スキーマに基づくアプローチとBERTのような事前訓練言語モデルの能力により対話状態が追跡可能になる 2.SGDとは? […]

オープンデータと機械学習を使って研究する際の新しいワークフロー

AI

1.オープンデータと機械学習を使って研究する際の新しいワークフローまとめ ・生物の多様性研究のために様々な機関が様々なデータを提供して貢献している ・機械学習でそれらのデータを利用する際は引用と帰属を尊重する従来の文化に敬意を払う必要がある ・この状況に留意してMLを利用したい生物多様性研究機関向けに新しいワークフローを発表 2.引用と帰属のルール 以下、ai.googleblog.comより「A […]

1 7