エッジ

1/6ページ

機械学習を用いて賢い繊維を実現(3/3)

AI

1.機械学習を用いて賢い繊維を実現(3/3)まとめ ・e繊維をスクロールパッドやコントロールボタンと比較した結果、ユーザからは好反応を得た ・表現力の観点からもコード全てが操作対象となるe繊維は操作箇所を間違える事がなく操作速度も速い ・ジェスチャーを使った試作品(ヘッドフォン、衣服の引き紐、スピーカーのコード)も完成している 2.e繊維の評価 以下、ai.googleblog.comより「Ena […]

SLaQ:大規模データの形状を理解する(2/2)

AI

1.SLaQ:大規模データの形状を理解する(2/2)まとめ ・グラフのスペクトラムは、グラフの接続パターンなどの属性を符号化する強力な表現手法 ・DDGKは巨大なグラフを扱う事ができないがスペクトラムで規模拡大がしやすい属性を取得可能 ・SLaQを使用するとWikipediaのような巨大データのグラフ構造の変化から重大な異常を検知可能 2.SLaQとは? 以下、ai.googleblog.comよ […]

ClearGrasp:透明な物体を認識可能な機械学習アルゴリズム(1/3)

AI

1.ClearGrasp:透明な物体を認識可能な機械学習アルゴリズム(1/3)まとめ ・現在の光学式3D距離センサーは透明な物体に対する距離を正確に測定する事が出来ない可能性がある ・これは物体の表面が全ての方向均一に光を反射するという仮定の下でセンサーが動作しているため ・これに対処するために透明な物体の正確な3Dデータを推定可能な機械学習アルゴリズムClearGraspを開発 2.ClearG […]

人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測developments編(2/3)

AI

1.人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測developments編(2/3)まとめ ・AIモデルとテクニックの透明性、説明責任、再現性を高める「説明可能なAI」が重視される ・景気の後退がデータを活用する「持っている企業」と「持たない企業」との間に格差を生む ・AIを活用して減価償却ではなく、使用を続ける事に価値が出るような製品の登場 2.edgeAIの進化の方向性 […]

人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(1/3)

AI

1.人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測research編(1/3)まとめ ・AIが現実世界で益々使われるようになり拡張現実を組み合わせることで顧客体験が変わっていく可能性 ・2020年も言語モデルの分野で目覚ましい進歩が見られチューリングテストの合格に近づく可能性 ・ディープラーニングの表面的な活用だけでなく新しいアルゴリズム開発が科学分野で行われる可能性 2.研究 […]

1 6