調査研究

4/4ページ

arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(5)

  • 2018.01.30

1.arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(5) ・Computer Vision and Pattern Recognitionの概要に対象を絞って単語の数を数えてみる ・sklearn.feature_extraction.textやNLTKを使うと楽だがそれでも個別の精査は必要 ・エルボー法で確かめてみるとそれなりに有効そうである事がわかった 2.arxiv.orgからクロールした2 […]

arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(4)

  • 2018.01.29

1.arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(4) ・arxiv.orgの論文をサイズ別に分布を調べた ・一番多いのは500Kb(10ページ前後)でかなりのばらつきがある ・サイズが違いすぎるのでPDFの内容をそのまま利用して分類するのは難しそう 2.arxiv.orgからクロールした2017年12月登録論文のサイズ別ヒストグラム   matplotlibで単純にヒストグラムを作成 […]

arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(3)

  • 2018.01.28

1.arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(3) ・arxiv.orgの論文は一論文を複数カテゴリに登録する事が可能 ・単独登録でも重複登録でもComputer Vision and Pattern Recognitionの一強 ・Computer Vision and Pattern Recognition以外はそれなりに分散している 2.arxiv.orgからクロールした2017年12 […]

arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(2)

  • 2018.01.27

1.arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(2) ・arxiv.orgの論文PDFは一括ダウンロードできるようにAmazonクラウド S3上に格納されている ・PDF、Sourceファイル、その他を合わせると500GBを超える ・全カテゴリが一括で固められており人工知能関連だけダウンロードは出来ない 2.arxiv.orgからの論文PDFファイル一括ダウンロード arxiv.orgの201 […]

arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(1)

  • 2018.01.25

1.arxiv.orgの人工知能の論文を分類したい(1)まとめ ・人工知能の論文が発表される数は日に日に増えている ・最も勢いのあるarxiv.orgでは一日当たり数十を超える人工知能の論文が投稿される ・現状、6つのカテゴリに分類されているがもう少し細かく分類出来ないか試みる 2.arxiv.orgの人工知能関連の論文のカテゴリ arxiv.orgに投稿される論文で人工知能関連と言われるカテゴリ […]

書店不屈宣言のレビュー インターネットと町の本屋さん

  • 2018.01.14

1.書店不屈宣言まとめ ・全国の書店の数は20年間で一万店に半減した ・書店が全く存在しない自治体も今では珍しくなくなっている ・規制や法律で守っても販路や競合、業態の変化には対応できない 2.書店不屈宣言の読書感想 2017/12/7 増補 書店不屈宣言 (ちくま文庫) 文庫 田口 久美子 (著) 個人的には町の本屋さんは好きで週に一回は新刊チェックに立ち寄るようにしていたが、駅前の本屋さんがど […]

中年になると人の名前が覚えられなくなるのは防ぎようがないのか?

  • 2018.01.09

1.年をとるほど賢くなる脳の習慣のまとめ ・アルツハイマー病になるかどうかは教育を受けた期間に関係がある ・ブルーベリーなど抗酸化物質が多く含まれた食べ物は脳を助ける ・適度な有酸素運動は新しい脳細胞の誕生を促す 2.年をとるほど賢くなる脳の習慣の読書感想 年をとるほど賢くなる脳の習慣 バーバラ・ストローチ著 浅野義輝訳 池谷祐二監修 脳はまだまだ研究中の事が多いようで最終的な結論や解答が出ていな […]

ノーベル賞受賞者の山中教授が民間から寄付を募っている事

  • 2018.01.02

ヤフーネット募金で2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が、研究開発費の寄付を募っていた。 難病やケガで苦しむ人々を救いたい。 山中伸弥所長率いる京都大学iPS細胞研究所に安定した研究環境を! https://donation.yahoo.co.jp/detail/5113001/ とてもびっくり。 ノーベル賞受賞者が民間から寄付を募らねばならないとは何とも夢のないお話。 曰く、 […]

残酷すぎる成功法則

  • 2018.01.02

残酷すぎる成功法則 ~9割まちがえる「その常識」を科学する エリック・バーカー著 橘玲監訳、竹中てる実訳 飛鳥新社 「自己啓発と言う単語をうさん臭く感じる人がいる!」と気づいたのはいつの頃からだったろうか。 アヤシイ団体がセールスや洗脳に悪用する事例が増えたからであろうが、自己啓発が好きだと言うとヤバい人扱いされる時がある。 しかし、古くは、ジョセフ・マーフィー、中村天風から、ザ・シークレット、引 […]

1 4