末期患者の余命を予測する人工知能

  • 2018.02.14
  • AI
末期患者の余命を予測する人工知能

1.末期患者の「余命」を予測する人工知能まとめ

・癌などで士気が近い患者の余命を推測する人工知能をスタンドード大学が開発
・緩和ケアの提供タイミングなど医療サービスの向上が目的
・200万件のカルテを元に学習し、3〜12カ月で死亡する確率を算出可能

2.余命宣告の意味

人工知能を万能の存在と誤解している人に人工知能の余命推測結果を伝えたらおそらくは誤解されると思う。まぁ、人工知能はあくまで余命を推測するだけでそれを伝える伝えないはお医者さんの判断なのかもしれないが、自分がその立場であったら結構なショックだろうな、と思う。

余命1年とは「1年後に生存している確率は50%」の意味であり、必ず1年後に死ぬというわけではないようなのだが、おそらくはほとんどの方は「人工知能が余命1年と言っている」と知ったら、絶望してしまうのではないだろうか。

病は気からと言う言葉もあるし、偽薬(プラシーボ)効果は確実に存在するので、人工知能の余命予測の結果は上手に利用して欲しいなぁ、と思う。

3.末期患者の「余命」を予測する人工知能参考リンク

1)srad.jp
末期患者の「余命」を予測する人工知能、スタンフォード大学が開発

2)arxiv.org
Improving Palliative Care with Deep Learning